こじらせ女子の思い込みを徹底排除!恋のチャンスを逃さない方法

最近話題の「こじらせ女子」。
自分の中の女子をこじらせてしまって、恋のチャンスを逃してしまっている女性を指すようです。
私もひょっとして??と思い当たる方向けに、こじらせ女子脱却への思考方法を考えて見ましょう。

 

こじらせ女子の共通点

「こじらせ女子」にはさまざまなタイプがいます。
ひきこもってネットの掲示板にかじりついているタイプや、
韓流ドラマや少女マンガにはまる腐女子タイプなどなど。
しかし共通するのは「女性としての自分に自信がない」という点です。
見た目はとてもかわいらしくて、ファッションのセンスもいい人もいるのに、
「どうせ私なんて・・・」と自分を卑下しがちな人が多いのです。
しかし、自己評価は低いのにも関わらず、自分を認めてほしいという気持ちが人一倍強いのも特徴。
その気持ちのギャップが「こじれ」を生むのだと思われます。

 

こじらせ女子脱却方法

では、こじらせてしまった女子は、どうやってそこから脱却すれば良いのでしょうか?
先程挙げたとおり、こじれの原因は「極端な自己卑下」と「強い承認願望」なわけです。
これらを解消することで「こじれ」はなくなると思われます。
ではどうすれば良いのでしょうか。
自分を極端に貶めるのも、周りに自分を認めて欲しいと過剰に要求するのも、
全ては自分の魅力の位置を、正しく認識できていないから起こることです。
自分の欠点だと思われる部分をとにかく探して冷静に見つめてみましょう。
自分の欠点と向き合うことはとても苦しいことです。
その悪い部分を切り捨ててなかったことにして過ごしていくのは、一見楽ですが、
本当のところは、その欠点を認めて素直に自分もどん底に落ちてしまうほうが良いのです。
こんなに欠点がある自分を認められないのは、やはり周りの目や評価を気にするプライドが
邪魔をしているからです。
プライドと戦って素直にダメな自分を認めてあげましょう。
すると「こんなにダメな私でも、周りの人は今まで色々と助けてくれた、良くしてくれた」という
感謝の気持ちが生まれてくるはずです。すると周りが認めてくれないと思い込んでいた方も、
実は今までは自分の思い込みで、周りが認めてくれないと思っていただけだったことに気付くことが

できるでしょう。
ここまでくればこじれは解消されたも同然です。
なかなか簡単ではない作業ですが、すこしずつ自分を向き合ってみましょう。

 

おわりに

こじらせ女子から少しずつ脱却することで、生きていくこと自体が楽になるはずです。
ダメな自分でいいんだという肩の力の抜けた女性には、男性も近づきやすい雰囲気が漂うでしょう。
そうすれば幸せな恋も間近。がんばってください。


このページの先頭へ戻る