長男である彼氏と付き合うことになった時の心構えとは

昔から長男の嫁は大変だと言われてきましたが、最近では核家族化や、親の老後の考え方などが変わったこともあり、長男の嫁だからと多大に働き手としての期待を持たれることは少なくなりました。
しかし、世間的には「長男は〜」という性格分析があり、気になるところですね。
お付き合いを始めた彼氏が、実は長男だったという場合、何か特別な恋愛テクニックはあるのでしょうか。
長男の性格としてよくあるパターンと照らし合わせて考えてみましょう。

 

1.長男は競争が嫌い

 

長男の男性は、いつも弟や妹に色々なことで譲ってきた経験がある為に、人と争うことを好まないと言われています。
「お兄ちゃんなんだから」と我慢して、欲しいものを譲ってあげる優しさを持って社会に出てきているのです。
長男の男性には、少しくらい我儘を言っても「仕方ないな」と聞きいれてくれるでしょう。
その代わり、会社で人と競争してまで出世しようという意欲に欠ける部分もあります。
しかし、この性格は地味ですが信望を集めることもありますので、むやみにはっぱをかけて競わせないようにしてあげましょう。

 

2. 長男は甘えたい

 

長男は、小さい頃から下に弟や妹ができてしまった為に、母親にべったりと甘えることが少なくて育っています。
ですから何かの折に貴女に甘えたいと思っても、甘え方がとても下手で不器用に見えてしまうことがあるでしょう。
しかしそんな時に決してからかったりすることなく、どんなに不器用でも彼の好きなように甘えさせてあげましょう。

 

3. 長男は重要な話をするのが遅い

 

長男は使命感が強く、何かあっても「とりあえず自分がなんとかしなきゃ」と思ってしまうものです。
その為に、転勤や家族が病気になったりしたなどの大切な報告が遅れたりして貴女をイライラさせることもあるでしょう。
しかし寡黙な分責任感がありますので、時間はかかりますが結論を出して、必ず報告してくれるものだと辛抱強く待ってあげましょう。

 

4. 長男は年上女性を好む

 

これは、長男にとって年下の女性は妹のようなものと思ってしまうからです。
可愛いなと思って連れ歩くのには良いでしょうが、いざ結婚を考えて、将来的なパートナーとしての存在となると、やはり年上か、或いは年齢に比べて落ち着いた女性を好む傾向にあります。
もしも貴女が彼に選ばれたのだとしたら、彼にとって貴女は安心出来る存在なのです。
何があってもまず自信を持って下さいね。

 

終わりに

 

長男が全て上記のような性格をしているとは限りませんが、小さい頃からの環境というのは影響力が強いものです。
彼の弟や妹と仲良くなり、「お兄ちゃんてこんな人」という情報を得るのもテクニックのひとつです。


このページの先頭へ戻る